« 90年代の「変化」について | Main | 歴史主義 »

2015.01.27

「成長」の概念

経済に関する興味深い書籍が、昨年あたりからつぎつぎと出てベストセラーに選ばれている。すでにかなり話題になっているが、日本では水野和夫の「資本主義の終焉と歴史の危機」であり、世界的には、トマ・ピケッティの「Capital in the 21st Century」だ。
データなどの基礎資料の違いはあるにしろ、おおよそにおいて論旨の構造はよく似ている。またどちらもが、近代から現在の資本主義のあり方、富の分配と格差などにおいて、われわれの経済のあり方の限界を指摘している。
どちらも興味深い本であり、書店に平積みにされるほどの話題の書だ。

自分の経済学的な知識と理解では、基本的な事柄を咀嚼する以外にないのだが、それでも10代のころから経済学の本を読みかじってきたので、強い関心を持ちながら読んだものだ。

ピケティの「資本収益率が経済成長率より高くなる」という指摘は、おそらく現行の資本主義の体制の帰結ともいうべきところにあるのではないだろうか。富が一部に集中していき、中間層が崩壊していく過程が顕著になりつつあることは、すでにかなり周知のことのように現れている。
同様なことは、水野和夫氏の指摘にもある。また彼の指摘で興味深いのは、資本主義が「フロンティア」あるいは「辺境」を失ってきていることを資本主義の終焉の原因とするところであり、それらが無くなるところに現行の資本主義が存立しえなくなりつつあることを言っているところだ。(ヴァーチャルとかサイバーとか、あるいはボディーやマインド、またはスペースとかいうものが、テクノロジー社会のフロンティアのように言われるが、それは富の分配のシステムとしての経済活動としては幻想ではないだろうか。)

ところで、ぼくにとっては、両者の指摘を受けながら、それがどのように社会に関連していくのかを自分の領域であるデザインやアートから考えることになる。
ここのところぼくの関心は、経済の「成長」が限界を迎え、成長しないことが必要になるとしたら、その社会的なイメージをどう描くかということにある。「成長」というのは、そもそも生物的な言葉であり、経済活動といえども、生物的な活動の延長にある。そうすると成長しないということに取って代わる経済活動のイメージは何なのだろうと考えている。

なんの裏づけも確信もないが、生物の自然成長的なイメージから、むしろ時間とか変化などに関する物理学的な概念が次に来るのではないかという気がする。
より高度に抽象化した概念をもって、社会を営んでいく段階に入っているように思う。

|

« 90年代の「変化」について | Main | 歴史主義 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3774/61038306

Listed below are links to weblogs that reference 「成長」の概念:

« 90年代の「変化」について | Main | 歴史主義 »