« 雨傘革命 | Main | 「成長」の概念 »

2015.01.01

90年代の「変化」について

1990年代とはどんな時代だったのか。
90年代について、あらためて考えるようになった。(芸術分野での90年代を再確認するきっかけは、英訳されたNicolas BourriaudのRelational AestheticsやPostproducitonや、Claire BishopのArtificial Hells、Shannon JacksonのSocial Works: Performing Art, Supporting Publicsなどの著作に見られる社会と芸術表現のあらたな関係について述べてものの影響でもある。)

この時代は、テクノロジーの観点からすれば、それは明確に区別される時代だ。一言で言えば、あらゆるものがデジタル化し始めた時代である。たとえば人間のDNAの全解析が、この技術によって実現された。これはひとつの例だが、ほかの分野にも大きな影響を与えるデジタル技術の象徴的な事柄だ。
またUNIXという形で特殊に使われていた技術が、その箍(たが)が外れて、インターネットという形で、世界中でグローバルにデータの交換が可能になった。これは世界についての把握、理解を、急速に変えた。

デザインという領域では、いつの時代でも、技術変化からの影響は多大だ。90年代以降、デザインは根こそぎに方法論が変わった。コンピュータが従来の手仕事でやってきたことに大きく関わるようになったし、さらにその後のことだが、オープンなデザインの開発方法が、思考方法も変えている。

アートの領域では、この大きな技術的変化に直接的に反応したのが、電子芸術(さらに言えばデジタル電子芸術だが)であった。
デジタル技術は、人間の知覚や思考にまで影響を与えるものであり、そのインパクトは、蒸気機関、電力、あるいはテレビ放送などの技術と比較しても、その威力は比較できないほど大きい。
技術は社会にたいして大きな影響を与えるが、技術そのものがアートになることは、まずない。蒸気アートや電力アートはないし、テレビ放送も「ビデオアート」という映像アートが、時にテレビにオマージュを捧げたことがあった程度のものだ。
ところが電子芸術は、最新の電子技術によってもたらされている表現方法の拡大を最大限に利用している。
このような技術に対応しながら展開されている表現には、バイオテクノロジーの発達に対応したバイオアートのようなものがある。バイオアートは、先述したDNA情報の把握のように、電子技術の発達によって可能になったものであり、電子芸術とかなり重なった分野でもあるだろう。

電子芸術は、アナログ電子技術があったように90年代以前からもあったが、デジタル技術によって90年代に大きく拡大した。そういう意味では90年代からの芸術であると言っていいだろう。
しかし、電子芸術は、90年代に花開いたものだが、それがアート全体にとって90年代的な内容を決定したものではない。

90年代のもっとも特徴的なことはなにかというなら、「現代アート」という分野の表現の思考方法が、西洋での文脈を完全に逸脱したということだ。
「現代アート」というのは、様式ではなく、思考方法だと理解されるようになった。つまりそれまでのアートは、様式として変遷してきたものであり、基本的には西洋ローカルなものだ。歴史のなかで、建築様式が他の国々に伝播するように、ある地域のアートの様式が他の地域にも伝播してきたが、とりわけ「近代」というのは、西洋の生活様式が世界化したように、ヨーロッパの近代絵画が世界化して、芸術は「西洋的」であることが基本となってしまった。

90年代以降にアートの世界で起きてきたことは、様式ではなく「思考方法」に重点が置かれるようになったおかげで、欧米以外のアートがおおいにとりあげられるようになった。その思考方法というのも、それまでの芸術表現の諸潮流の主張などともちがって、個人がどのように考えたり、彼らがとりもつ諸関係にどのように関わるかという方法論みたいなものに関心が持たれるようになった。そしてその個人というのは、西洋的な文化からも離れて、アジアでも、アフリカでも、南米でも、世界のどこにいてもアーテイストが持つユニークな思考方法が注目されるようになったのだ。(日本のオタク文化やそれと同調したアートの流れも、当然のことだが、日本的なユニークさを象徴していた。)

21世紀初頭もかなり過ぎて、この世紀の文化について思考する時、その発端は90年代に見ることができるのだ。

ここしばらくは、この時期についてもう少し検証してみたい。渦中にいると見えないものが、いまになって見えてきているからだ。

|

« 雨傘革命 | Main | 「成長」の概念 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 90年代の「変化」について:

« 雨傘革命 | Main | 「成長」の概念 »