« ライフスタイル | Main | 安全神話とデザイン »

2014.02.16

マリボル

ドラバ川が中心を流れる美しい街マリボル(Maribor)。

2月の初めから一ヶ月、スロヴェニアのマリボルに滞在する。ここのアーティスト・イン・レジデンス・プログラムに参加して、制作や発表を行う。

この街の人口は9万人ほどだという。それでもスロヴェニアで二番目の都市。スロヴェニアという国の人口は200万人だ。
東京都だけで1200万人、ぼくが生まれた目黒区が都心部の人口減があってもここの3倍以上の人口がある。そう比較すると、とても小さい街と国だ。

この国のことはあまりよく知らない。かつてユーゴスラビアの一部だった。ユーゴスラビアには当時のソ連の方向からは独立した、ユニークなチトー大統領がいたのをぼんやりと思い出す。学生のころにそのユーゴスラビアのアニメーションを見て、この国は、自由な雰囲気のある国だなと思ったことがある。彼は「七つの国境、六つの共和国、五つの民族、四つの言語、三つの宗教、二つの文字、一つの国家」と言っていた。彼の独特な方針でユーゴスラビア社会主義連邦共和国はまとまっていた。

しかし1991年から2000年までの間、いわゆるユーゴスラビア紛争があったのは記憶に新しい。ソ連の社会主義の崩壊をきっかけに、ここでも民族主義が勃興して、連邦は崩壊した。
スロヴェニアは、隣がオーストリアやイタリアで、西側諸国に近く、1991年に「十日間戦争」で早々と独立してしまった。しかしほかの旧ユーゴの地域では、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争、コソボ紛争という凄惨な争いが続いた。
スロヴェニアの独立が早かったのは、もともとドイツ圏とイタリアを結ぶ要所である地政学的な点が大きいのかもしれない。

しかしおそらくそれだけではないのではないかというのを空気のなかに感じる。それは街が文化的なのだ。東京の一つの区よりもずっと小さいにも関わらず、そして経済も不振にも関わらず、人々は文化的な事柄への関心が高い。その文化も高尚なものだけでなく、クラブのような若者文化にいたるまで盛んなのだ。
スロヴェニアの歴史は、非常に複雑だ。逆に日本の歴史はかなり単純なのかもしれない。

特異な発明家ニコラ・テスラは、この街の大学に通っていたそうだ。彼は隣国のクロアチア人だ。テスラは、放蕩学生で、父親に故郷に連れ戻されたという。
また哲学者のスラヴォイ・ジジェクは、スロヴェニア人で首都リュブリアナの大学で教えている。ジジェクのことを語るのは、またの機会にするが、ジジェクがなにか時代錯誤の共産主義を持ち出しているというのは、言ってみればスタイルに過ぎないように思える。それはこの国の美しさと地政学的な位置に関連しているように思える。

いろいろな都市に滞在してきたが、ぼくは意外と、この小さな街の心地よさが気に入っている。


|

« ライフスタイル | Main | 安全神話とデザイン »

Comments

Hi! I've been reading your weblog for a while now and finally got the bravery to go ahead and give you a shout out from Atascocita Tx! Just wanted to say keep up the fantastic job!

Posted by: best dating sites | 2015.01.15 at 03:10 PM

Have you ever thought about adding a little bit more than just your articles? I mean, what you say is valuable and everything. Nevertheless think about if you added some great graphics or video clips to give your posts more, "pop"! Your content is excellent but with pics and videos, this site could certainly be one of the best in its field. Good blog!

Posted by: fotografia mujeres hermosas | 2015.01.29 at 01:15 PM

Hi my loved one! I wish to say that this article is awesome, nice written and include almost all important infos. I would like to peer more posts like this .

Posted by: mujeres hermosas del mundo Imagenes | 2015.02.10 at 12:24 AM

Hello There. I found your blog the usage of msn. This is a very smartly written article. I will make sure to bookmark it and return to learn more of your useful information. Thanks for the post. I will definitely comeback.

Posted by: payday loans no credit check | 2015.02.10 at 09:41 PM

Thanks very interesting blog!

Posted by: match.com | 2015.02.11 at 02:43 AM

Good day I am so excited I found your web site, I really found you by mistake, while I was searching on Bing for something else, Anyways I am here now and would just like to say thanks a lot for a tremendous post and a all round entertaining blog (I also love the theme/design), I don't have time to read it all at the moment but I have saved it and also included your RSS feeds, so when I have time I will be back to read a great deal more, Please do keep up the excellent job.

Posted by: quest bars cheap canada | 2015.03.21 at 08:51 AM

Fantastic beat ! I wish to apprentice whilst you amend your site, how could i subscribe for a weblog website? The account helped me a appropriate deal. I were tiny bit acquainted of this your broadcast provided vivid transparent idea

Posted by: minecraft games | 2015.04.09 at 01:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3774/59124542

Listed below are links to weblogs that reference マリボル:

« ライフスタイル | Main | 安全神話とデザイン »