« Digital Therapy Instituteのこと | Main | 操縦マニュアル »

2012.05.20

フィクション

目前に起こっていることを見極めるのは難しい。多くの場合、過去と照応して見極めようとする。しかし新しい事態というのは、過去をたずねて見つかるものではない。

現在はかなり大きな転換点であるだろう。が、むしろずっと「転換点」であるようなところに人間の歴史が入っているかもしれない。歴史の変化、あるいは進化と言ってもいいかもしれないが、これは加速化しているということは、確実なことで、これを過去の尺度で測ろうとしても無理だ。
もしも仮に、そのような変化を感じることがきでない地域があるとしたら、そこはむしろ没落の方向に向かっていると言ってもいいだろう。それは地域だけでなく、人の認識も同様だ。認識が滞るということはおそらく不断にあるだろう。人間の認識はそう簡単にアップデートはできないからだ。
また個人の資質の問題だけでなく、現在を決定する要因は、同時に多地域、多領域で起こるからであり、それをつかみ取るのは至難だ。もちろん情報の流れは急速に展開しているので、いたちこっごの様だが、マルチな言語感覚があれば、世界同時/多領域に情報をつかみとっていくことも基本的には可能だ。

伊藤計劃の小説を読んだ。ぼくは、ふだんはあまり小説を読まないだが、彼の小説にはまった。なぜそれにはまったのかというと、それは彼のストーリーの切り口だ。
ぼくが彼の小説のなかで感じるのは、現実も小説と同じくらいにフィクティブだということで、彼はそのスタンスで小説を書いたということだ。
いま一般的に書かれているシナリオ、つまり各国の政府や国際組織などが書いたシナリオは、話のつじつまをあわせるための、G8のような「サミット」というのは、調整的なフィクションのようなものであるということだ。それは国際政治のような目に見えやすい、あからさまなストーリー展開だけにあるだけでなく、ソーシャルネットワークが「民主化」運動を促進しているというようなストーリーにも含まれている。

そういうフィクティブな要素というのは、常に政治が利用するものだ。豊かな生活をめざすハッピーな生活水準向上の目標から、領土問題のような愛国ストーリーを書きやすいものまで、たくさん出揃っている。
そのフィクティブなことをどれだけうまく活かすかというのが、大衆政治の盛り上がりの秘訣でもある。ファシズムも、自由主義も、共産主義も、そのほかなんでも、フィクティブに操作するのが「政治」である。

このあたり、はやく気がつくといいだろう。クリティカルな考えがもっと広がると世界は次のステージに入れるのだが。

|

« Digital Therapy Instituteのこと | Main | 操縦マニュアル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フィクション:

« Digital Therapy Instituteのこと | Main | 操縦マニュアル »